書家紹介

ごあいさつ

オーナー近影

こんにちは 野口泰雲です

書について 伝統的な捉え方と現代的な感覚とを
かけ合わせたいと思っています
書道にかぎらずとも 生涯を通して打ち込める
何かを持っている人は素敵だと思います

青峯書院は 多くの受賞歴を持つ書家の指導です
ぜひ 高度なスキルを直接見てください

明るい雰囲気の教室を心がけています
親子でお稽古も大歓迎です 割引等の特典あります
どうぞ一度 見学にお越しください


書家紹介

野口泰雲 (たいうん)

吉田苞竹(1890-1940)が師事した黒崎研堂(1852-1928)に祖父野口青峯が師事、祖父の青峯書院を主宰した父野口暁雲の指導下で学んだ三代目。世田谷区桜出身、現在 南行徳在住。
書道歴40年以上。1974年2月生。一児の父。元高等学校国語科教科書編集者。

毎日書道展 毎日賞(公募最高賞)
書壇院展 院友奨励賞(連続2回)
世田谷区書道展 連盟準大賞

全日本書道連盟 正会員
毎日書道展 会員
書壇院展 審査会員(一般部・学生部)
世田谷区書道展 審査会員
世田谷の書展 招待作家
書学書道史学会 会員
頌栄女子学院 中学校 高等学校 礼法/書道 講師
(公財)書壇院認定書道教授
青峯書院 主宰

漢検準1級
将棋三段(将棋会館道場)

著作物
『新訂総合国語便覧』『カラー版新国語便覧』共に第一学習社刊
競書誌『学生書壇』競書課題(手本)など


野口白雲(はくうん)

展覧会作品の指導力に定評あり。書壇院の各種試験の合格者を数多く輩出。また、実用字の指導力も抜群。野口泰雲の母にして師の一人。
野口暁雲亡き後、長男泰雲を三代目の書道家に、次男透雲は東大に進学させるなど、母としての存在にファンもいる。

世田谷区書道連盟 運営委員
毎日書道展 会友
書壇院展 院友/審査会員(学生部)
世田谷区書道展 審査会員
世田谷の書展 招待作家
(公財)書壇院認定書道教授
青峯書院 会長