青峯書院 世田谷教室のご案内


 令和二年度 書道教室のご案内

世田谷 青峯書院 
土曜日教室 指導:野口泰雲
月曜・木曜教室 指導:野口白雲

青峯書院では
基本のお習字から実用字の上達、段位認定を目指せます
学校や仕事との調整がしやすい土曜日の開講です
〔月曜/木曜教室の募集も再開いたします〕

地元世田谷に根ざした書家の直接指導です
自信を持って伝統文化を学ぶことができます

『青峯書院』は昭和十年代から長い年月を紡いできた老舗の書道教室です。古い教室ですが、生徒さん個々に寄り添う丁寧な指導に定評があります。基本のお習字から実用字の練習、そして段位獲得を目指します。

世田谷 青峯書院 教室                       (保護者許可済)

 

 

 

 

 

 

世田谷 青峯書院 教室

六本木 書壇院 教室(アークヒルズ仙石山テラス101)  水曜日開講
※六本木の教室は(公財)書壇院の管轄になります。


教室所在地

156-0053 世田谷区桜2-20-7 青峯書院
      小田急線 経堂駅より農大方面に徒歩9分




稽古日時(世田谷 青峯書院)

指導:野口泰雲
土曜日 月3回 (原則として第一、第二、第四の土曜日が開講日です)
    14:00~18:00 (上記の稽古時間内で1~2時間程度。ご希望に応じます)
    ※トップページにお稽古日の予定を記載しています。

指導:野口白雲
月曜日または木曜日のクラスを選択 月3回 (原則として第一、第二、第四が開講日です)
    14:00~20:00 (上記の稽古時間内で1~2時間程度。ご希望に応じます)

  

月謝(世田谷 青峯書院)

幼年,小,中,高 4,000円
大人(基本)   6,000円
          (税込)
競書誌代:高校生以下450円,大人800円
入会費:高校生以下3,000円,大人5,000円
               (税込)
※入会費には競書誌への登録諸費用などが含まれています。
※教室には文鎮・硯・下敷・墨液などを用意しています。半紙及び筆は適価でお分けしています。
※そのほか、一回稽古、大学生・新社会人の月謝等は、このページ最下段にある"よくあるご質問"の「お稽古代の補足」 へ。
親子で入会されると割引の特典があります。詳しくは教室にて直接ご案内いたします。


大人の通常のお稽古では、競書誌『書壇』のお清書(半紙)作成、「千字文」等の基礎手習いのほか、ご希望に応じて展覧会作品、実用字(ペン字、のし書き、他)などを行います。

 

幼児~高校生の通常お稽古の一例 (※ペン字は泰雲教室の例。白雲教室はご希望によって行います。)
競書誌『学生書壇』の課題のお清書(半紙)を書きます。2枚書いて→添削→2枚書いて(様子を見て+α練習あり)その日の提出。その後、鉛筆(硬筆)課題を書きます。1枚書いて→添削→1枚書いて提出(様子を見て+α練習あり)。


青峯書院ならではのポイント

大人・学生・子どもも、通常のお稽古で段級位を取得できます。お稽古では競書誌への提出するお清書を仕上げていきます。基本的には別途昇位試験を受けないで昇位できます。(⇒段級位の詳細へ)

幼児~高校生は硬筆での正しいひらがな・漢字の指導も行います。
小学生の書初め作品の指導、自由研究のアドバイスも行います。
学生さんは部活動等の指導もご相談ください。力になります。
大人の方は、素敵な作品を書くために 丁寧にご指導いたします。毛筆で段級の取得のほか、ペン字・実用字の練習、悪筆の修正なども可能です。
シニアの方は書道の雰囲気に身を置き、見て学ぶなどのスタイルも歓迎します。私の書いている姿を見ていただくだけで、何らかの力を感じてもらえることをお約束します。

書道に関連する検定試験のアドバイスが可能です。
・硬筆書写検定 ・毛筆書写検定 ・漢字検定

書の実力とご希望に合わせて、
・世田谷区の地域展である「世田谷区書道展」(世田谷区書道連盟主催)
・歴史ある「書壇院展」(上野:東京都美術館。文化庁後援)
・全国展の「毎日書道展」(六本木:新国立美術館、上野:東京都美術館。毎日新聞社主催)
などへの出品を指導いたします。
青峯書院では高位の受賞をねらいます。
(なお、野口泰雲は上記すべての書道展の役員作家です。)

書道教授の資格取得、書道芸術活動を支援いたします。
・書道の号の授与及び免状の発行
・「(公財)書壇院認定書道教授」認定証及び看板の取得

体験レッスン・見学

どうぞ一度体験・見学にお越しください。毎週稽古中に実施します。
お気軽にお問い合わせください。
体験レッスン・見学の受付はこちらお問い合わせのページへ

 

 



 

書道を習うとどうなるのでしょうか?

いずれは・・

大人のかたは
書道展で活躍、入賞して授賞式に出席。
近所のお子さんを教えるお習字の先生に。

子ども・学生は
字の上手さから学校の先生の評価が高く優秀。
履歴書に生涯記載するほどの受賞体験。

このような目標も素敵ではないでしょうか。

 


青峯書院では
文部科学大臣賞や書壇院展会長賞ほか、
公募最高賞クラスの受賞者を輩出しています。
書道教室を開いて、何人も教えているかたもいます。

青峯書院は皆さんの目標をかなえられるように応援いたします。